fc2ブログ

ぴーまん工房 作業日報

「ぴーまん工房」pmmcのぐだぐだ日記です

ITAS工房『美樹 さやか』製作記 その2

さぁノリノリで製作中の ITAS工房さんの『美樹 さやか』製作記 その2 でございます♪

110801saya01.jpg
まずは軸打ち。
組み立てたときの強度を上げるため1~3mmの真鍮線やアルミ丸棒を打ち込む為の穴をあけます。
結構適当です♪

110801saya02.jpg
塗装前に脱脂の為の洗浄作業。
ワシは専用のクリーナーで洗います。

110801saya03.jpg
懲りずにサフレス塗装するつもりなので、下地にメタルプライマーを塗布。
フィギュア畑じゃないお友だちの為に説明すると、サフレス塗装とはレジンキャストの白を生かし、透明感のある塗装をする事で肌の透き通り感を再現しちゃうぞ!って塗装の事です♪
レジンキャストはそのままだと非常に塗装の食い付きが悪いので、プライマーの塗布(プラ(イマー)サフ(ェイサー)等も同じ)が必要になる訳です。

110801saya04.jpg
刀もチョコッとディティールアップ♪
刀身は後日レーザーでパーツを切り出そうかと考え中♪

110801saya05.jpg
さぁ楽しい塗装の時間です♪

ウソ、ワシにとっては死にものぐるいの塗装の時間…
参考書籍はいつものコレ


この記事にある狩人さんの塗装レシピでやってます。
梨花羽入の時も同じレシピでやったんだけど、あんときはベース色の赤味の強さにビビって黄色よりのベース色にしたら、サフレスだと全然赤味が足りなくて、そりゃもう数十回にわたってビクビクしながら色重ねたもんです♪

サフレスは透明に近い色を重ねて行くので、色味が足りなければどんどん重ねて行けば良いんですが、逆に濃過ぎた場合は…

シンナーどぼん!となる訳です♪

それでビビリミッター発動しまくった訳ですが、今回はプロのレシピを信じますっ!!
そのまま行きますっ!!

あ、レシピは本見てね♪(人様のレシピ勝手に掲載出来ませんカラ~)

110801saya06.jpg
まずは4倍くらいにシンナーで希釈(塗料1:シンナー3くらい)したベース色でシャドウ部分に色を細吹き♪

希釈料は本には載ってないんだけど、どっかのウェブサイトでその位って読んだ気がします。
実際コレでやってるけど良い感じだと思います。
何せほとんどシンナーなので、ブシャーって吹くと大変な事になるので、エア圧低めで細吹きで♪
コレより濃いとすぐ詰まるし、コレより薄いと色乗せるのが難しく感じました。
皆さんどのくらいの希釈でやってます??

ちなみに普通の塗りつぶしは最近は3倍くらいで(塗料1:シンナー2)やってます。

110801saya07.jpg

次にベース色50%+クリアー50%(をまた4倍希釈)のコート色を全体に吹き付けます。

さっきよりはエア圧高め、塗料も多めで離し気味で。

いくら薄いとは言え同じ色重ねてったらシャドウもヘッタクソも無くなっちゃうんじゃないかと心配したもんですが、流石サフレス塗装♪(なんのこっちゃ)。ちゃんと重なってるとこは濃くなって行きますね♪

110801saya08.jpg
最後に黄味調整で、艶消しクリアーにクリアー黄色少量足したものに微妙にパール(コレがミソだそうです♪)足したものでコート♪

コレで黄味が足されて初めて肌色っぽくなる訳です♪

110801saya09.jpg
お次は髪の毛
コレもムズイんだよなぁ~

取りあえず参考文献で色合わせ

110801saya10.jpg
シャドウ部分から吹いて行きます

キタネー色だ…

110801saya11.jpg
明るいトコとハイライトも吹いて艶消しクリアーで保護

110801saya12.jpg

ガッ!?
表面処理荒過ぎたっ!!
色も汚い…

大体ブラシで吹くのにアニメの色に合わせて、しかもブラシで吹いたものじゃないもので合わせたって意味ないのに…。
やっぱちゃんと広い面にブラシで吹いて色味確認しなきゃダメなのかなぁ~
むぅぅぅぅ~

110801saya13.jpg
ドボンしたい衝動を必死に抑えてマスキング地獄♪

せっかくキットでは分割してあったのに、片っ端から接着しちゃうからコウなる訳です♪

110801saya14.jpg

ヤケクソ気味にブラシワーク完了!!!

110801saya15.jpg

アイペイントはエナメルです!!
またガビガビです!!!

<((*0血0*))>ムキィーーっ!!!

関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

ねこだまし says..."さやかちゃーん"
お世話になってます、ねこだましです。

お仕事速いですね~
ワンフェスからまだ一週間位でココまで出来るなんて・・・!

そんな卑下されなくてもキレイに陰影が付いてて塗装全然良いと思いますですよ。

わたくしこのシャドウ吹きってやつが超苦手で、いつも良い感じにならないんです。
なので一旦暗い色で塗り潰して凸部に明るい色を重ねてって感じのやり方(なんか名前があった様な)でいつもやってますが、それが良いのか悪いのか・・・。
毎回試行錯誤しながらやってます。

あ、作業途中でのクリアコートはつや消しではなくつや有りのが良いと思いますよ。
つや消しは表面が粗いので、エナメルとか滲んで拭き取れなくなったりするので。
2011.08.02 10:09 | URL | #- [edit]
pmmc says..."さやさやぁ~ん♪"
いやいや~♪
fgでは既にマミさんがアップされてて職人の速さにおののいてます!

写真はこれでも大分あらが目立たないように撮ったつもりなのです♪
実物は~…

シャドウ吹き、ほんと難しいです~♪
スカートの部分が塗りつぶしに近い状態からやっているんですが、あんまり綺麗にいかなくて~

そもそもシャドウ色の調色が間違っているんじゃないかと、今回塗ってて思いました…

この辺は回数重ねて経験つむしかないかなぁ~って感じですね♪

後アイペイント!
ねこだましさんはナニで塗ってます?
今回アクリルガッシュを試そうと思ってたら手持ちに色がなくて、仕方なくエナメルで塗りましたが、やっぱり残念な結果に~

クリアコートなるほどです!!
つやありでやってみますね!♪


この下半期は塗装強化期間と考えていますので、何とか仕上げて次につなげたいと思いますっ!!
2011.08.02 12:34 | URL | #- [edit]
ねこだまし says..."塗装って難しいですよね・・・"
fgのマミさん見ましたよ!
仕事はやいですよね~
pmmcさんも十分はやいです!
わたくし手が遅いもので、キットが積まれるペースの方が速いですw
(積みキットが無くなったらフルスクラッチにも挑戦しようと企んでるんですが、いつになる事やら・・・)

塗料についてですが、使ってるのはクレオスのラッカー、タミヤのエナメルだけです。
ソフビキットの時だけサフ代りにVカラー使ってます。

塗り方は先に書かせて頂いた通り、下地を暗い目の色で塗り潰して、ハイライトに明るい色を乗せていくんですが、結構ハッキリ明暗の違う色でやってます。
というのもシャドウ吹きが下手くそなので、そこだけピンポイントで暗くなり過ぎちゃうんですよね。
なので、明るい色を後に乗せてやった方が、暗すぎる所もエアブラシを遠めに薄く吹いて馴染ませれたりと、調整がやりやすいです。
あくまでわたくしの塗り方ですが・・・。

まあといった感じで塗ってみたデビルマンをfgにアップしてるので、参考になるかわかりませんが、良かったら見てみて下さい!

と、なんだか偉そうに書いちゃいましたが、そもそも女の子フィギュアはベタ塗り仕上げしかしたことが無い上、メインの怪獣キットも基本色のベタ塗りにウオッシング&ドライブラシで仕上げてるんで、あんまりエアブラシだけで陰影つけた経験がありませんw

長文ごめんなさいです。

でわ引き続きブログ楽しみにしてます!
2011.08.02 17:00 | URL | #- [edit]
pmmc says..."なるほどなるほど!"
φ(..)ふむふむ

参考になりますっ!♪
もちろんデビルマンとか観させて頂いてますよ~♪♪
流石の塗りですねっ!!

ワシもがんばりますっ!!♪
2011.08.02 20:39 | URL | #- [edit]
いつき says..."(^^)"
お久しぶりです(^^)
僕もまどマギ見て見ましたが、凄い作品でした。
3話の急展開からあのラストへ持っていくとは予想もつきませんでした(^^;;
銃器好き必見(?)のシーンもありましたねw

フィギュア製作お疲れ様です!
僕自身、素人ですがカラーは綺麗で良いと思いますよ(^^)
2011.08.27 17:02 | URL | #Ubztx//s [edit]
pmmc says..."お久しぶりです!いつきさん♪"
まどマギイイですよね~♪
先日設定資料集がやっと届いてますますその奥深さにおののきながらマタねんどコネ始めました~♪

カラー誉めて頂きありがとうございます!♪
結局コレは剥離後塗り直し始めているんですが、ますます上手くいかなくてとほほ…。
塗装ってホント難しいです~(><;)

梨羽の残りパーツも塗装の下地準備始めたり色々平行作業でどこまで出来るかナゾですがガンバリマス♪♪
2011.08.28 01:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://pmmc.blog.fc2.com/tb.php/87-7d2bc4d6
該当の記事は見つかりませんでした。